ホームページの制作依頼先、ビジネスのかたちによる「お勧め5パターン」

やっぱり費用が一番重要ですか?

money

Web制作のご相談をされた場合、まず「費用について尋ねられること」が多いのですが、
あなたが依頼する立場であれば、やはり費用で依頼先を決めるでしょうか?

お金を掛けたから、効果が高い。
とにかく比べて、安い方が良い。
相場を知りたい。
月額制が良いのだろうか?
無料でできる、というのを聞いたことがある。
自分で更新できるシステムがよい。

上記のような判断や推測によって、あなたが制作依頼する相手を選ぶ、という作業が必要になりますが、そうするとお知り合いの紹介が一番確実でしょうか。
身近にそういった相談相手がいない場合は、ネットで検索して探し出す、一括見積サービスなどを使う事も考えられますが、それでもかなりの手間と時間が必要な気がしますよね。

もし、今言った内容に同意して頂ける個人事業や中小企業の経営者、または担当者の方なら、この先を是非読んでみて下さい。
きっとお役に立てる内容だと思います。

コンセプト=お客様の「ビジネスのかたち」

まず、なぜいきなり費用について尋ねられると困るか、というと、「あなたのお財布の中身を値踏みしているから」ではありません。

同じWeb制作、ホームページ作成でも、制作するWebサイトのコンセプトがあるからです。
コンセプトと言うと難しく聞こえるかもしれませんが、依頼されるお客様の「ビジネスのかたち」によるのです。

ですので、あなたにピッタリのホームページが欲しい、費用と効果のバランスを考えたWebサイトが必要だとお考えならば、あなたの「ビジネスのかたち」にあったWebサイトのコンセプトに合ったWeb制作会社やデザイナーを選ぶことが成功への近道です。

今回はあなたの「ビジネスのかたち」に合ったサービスを、ダイエット方法に例えて考えてみましょう。

無料ホームページは、ひたすら1人でランニング

お勧めできるビジネスのかたち

  1. 検索から不特定多数の集客を必要としていないケース=商圏が狭く、徒歩圏内、または知っている人だけで成立するビジネスモデル
  2. 経営者や担当者に、ホームページ制作に使える時間的余裕があり、自分で作ること自体におもしろさを感じられるケース
  3. 集客は他のサービスに任せることが出来て、自前のホームページはそこからリンクを張って見てもらうケース=飲食店ならぐるなび、自動車販売ならカーセンサーやGoo、美容院ならホットペッパーといった専門店を集めたポータルサイト。また小売であれば、楽天やamazonなどのモールなどが入口になります。

wix イメージ

無料で有名なのはWIXでしょうか。
かっこいいホームページが誰でも簡単に無料でつくれます。というキャッチフレーズ。

果たしてプロが作った様なホームページが、そんなに簡単に無料で出来るのか試してみます。
確かにかっこいいホームページが割と簡単にできました。

編集はブラウザ上で出来るので、SNSに投稿したり、ブログを書く要領ですが、それも今までやったことがない方にとって、ハードルは少し高いです。

使用する画像やアイコンも数え切れないぐらいあり、悩むほど。
もちろん、自分のお店や商品を載せる場合は、自分で撮影してアップロードする必要があります。

サービスの紹介文や連絡先を打ち込んで、即公開出来ます。

その時に選択肢があります。

ホームページのアドレス(URLとかURIとか言われるwww.○○○○○.com、□□□□□.jp といった文字列です)を選びますが、
これが無料版だと、「https:/あなたのアカウント名.wixsite.com/ホームページ名」 のように長くなります。

ホームページできたよ!と顧客や同業者に伝える場合に、ちょっと何言ってるかわからない、と思われる可能性があります。
また、チラシや名刺などに記載するときも、微妙に体裁が悪いと感じるかもしれません。

そこで、WIX上でも自分専用の覚えやすいドメイン名を取ることができます。ただし、ここからは有料になってしまいます。

自分専用のドメインを使いたい場合、「ドメイン接続」というオプションが必要になり、月額416円かかります。

また無料版は、「このホームページはWIX.com.を使って作成されました。あなたも無料で作りませんか」という広告が表示されます。
これを消すのには、「コンボ」という月額841円の有料プランにアップグレードしなければなりません。
また、「コンボ」には、「ドメイン接続」が含まれます。

ビジネス向けには、「無制限」が推奨されています。
無制限なのは、データ通信量のことで、携帯の料金プラン、パケ放題の提供側というイメージです。(見せる相手へのデータ量に制限があり、来訪者が増えると、どこかでストップが掛かる)

ホームページに使う画像やファイルのデータ容量にも制限があり(これは通常のレンタルサーバーでも同様)、サーバー容量10GBにすると月額1,266円、最上級プランは、20GBで月額2,533円かかります。

wix 価格表

ただし、10GBのデータ量は、お店や会社案内用ホームページの容量としては、かなり余裕があります。
ページ数が数千ある、高画質の画像が大量にある、動画ファイルを置いてあるなどの場合以外、10GBを超えることは無いと思います。

簡単に作れると言う部分も、写真は自分で用意して、原稿も書き、更新も自分でやるとなると、それなりに時間と手間がかかりそうです。

無料イコール、アドレスが長くても大丈夫、という方にはお勧めで、特に「いくら手間が掛かっても自分で作りたい」「とにかくお金は掛けたくない」「色々試して勉強したい」という場合は、試してみる価値は大いにあります。

完全に無料。もしくは、無制限で月額1,266円が年間15,192円。それに100~200時間程度の作業(概算です)。

ひとりでひたすらランニング

ダイエットで言えば、ひたすら「ランニング」と言ったイメージです。

月額費用が安く、初期費用無料だったりする公営スポーツセンター

お勧めできるビジネスのかたち

  1. ブログを書いたり、facebookなどのSNSに投稿することが好きなオーナーや担当者がいる
  2. インターネットそのものにかなり詳しい、もしく興味が非常にあり、勉強することが全く苦ではないオーナーや担当者がいる
  3. 取り扱う商品やサービスに高い独自性があり、競合相手がほとんどいない
  4. オンライン販売する性質の商品ではない、来店してもらうサービスである。(飲食店など)

Web制作会社のプランでも、初期費用が無料、もしくは数万円。月額3,000~5,000円というプランも人気のようです。
初期費用が掛からないのは、気軽に始められ、無料サービスよりWeb制作会社のサポートも期待できるので心強いです。

それでもやはり、原稿や写真は自前で用意する場合がほとんど。ご自身の提供するサービスや商品についてまとめる良い機会なので、頑張って書きます。
代表者の挨拶などの文章はここに書きましょう、サービス内容はここです、といった指示をされるかもしれません。

ブログがセットになっている場合は、がんばって更新すると検索エンジンでヒットするのでお客様が沢山来てくれます、と説明があり、実際にそれで成功されている経営者の方も沢山いらっしゃいます。
数ヶ月間なにも更新しなくても毎月の費用は掛かります。月額5,000円だと年間60,000円になりますが、それでも沢山お客様が来てくれれば費用対効果はかなり高いでしょう。

Web制作会社の人は、分からないことがあった場合、メールや電話で使い方を教えてくれますが、何を書いたら良いかと訊いても、お店の自慢や今月のお勧め商品を書きましょう、としか答えられません。
同業者や他のサイトを参考にしながら、ご自身で勉強しながら内容を充実させます。その過程で色々な事に気づくはずです。

初期費用50,000円、毎月5,000円で年間60,000円、初年度合計110,000円、その間にホームページからの問い合わせがいくつか来れば成功といえるでしょう。

公営のスポーツジム

ダイエットでいえば、公営のスポーツセンターに通うイメージです。

ページ単位で作れる制作会社は、駅前のスポーツクラブ

お勧めできるビジネスのかたち

  1. 広い商圏をもったインターネットからの集客を期待するビジネス
  2. オンラインで販売するサービスで、商品数が少ない(いわゆるネットショップではない)
  3. ホームページはあれば良いけど、デザインはやはりプロに頼みたい。
  4. ページの内容については、自前で更新するので、制作費用は安く済ませたい
  5. 商品やサービスの単価があまり高額ではなく、イメージ戦略というよりも、親しみやすさ、身近に感じられるサービスを売りたい
  6. ブログを書いたり、facebookなどのSNSに投稿することが好きなオーナーや担当者がいる

トップページのデザイン、詳細ページが10ページ、お問い合わせフォームやGoogleマップもついて、298,000円
そんなプランを標準にしているWeb制作会社さんがボリュームとしては一番多いかもしれません。

wordpress(自分で更新できるホームページシステム)を使っている場合も多く、デザインはオリジナルで見栄えも悪くありません。
制作実績を見ると、なんとなく似た感じのデザイン・レイアウトが多い印象ですが、これはテンプレート(決まったフォーマット)を使用することでコストを抑えるためであり、気に入ったレイアウトを何パターンかの中から選ぶことが出来る場合もあります。

月額費用は、無料だったり管理費が数千円掛かる場合もありますが、レンタルサーバー代や独自ドメイン登録費用も含まれている場合が多いようです。(サーバー代は安くて容量が少ないと月額数百円から借りられます、ドメインは年間数千円で種類によって異なります)
お店の店内写真やスタッフの写真は、撮影サービスが無料の場合もありますが、自前で撮らなければいけないケースもあります。

サービスの説明や商品のキャッチコピー(=売り文句)など、必要な内容は指示してくれるので、それに沿って完成させます。

公開した後は、営業時間の変更や商品の入れ替えなどの細かい修正は、原稿を書いて、メールで送れば対応してくれます。
費用は修正内容で細かく決まっていたり、無料修正の回数制限がある場合もあります。

自分で更新できるCMSというシステムは、慣れるまで意外と難しいので、社内にホームページ担当のスタッフを付けられた方が効果的です。
やはり効果を出すには、更新し続ける努力は必要なことです。

Web制作費が、298,000円、更新費用やサーバー管理費名目で数万円、初年度合計400,000円程、それにホームページ担当者の人件費が加わります。

駅前のスポーツクラブ

ダイエットで例えると、駅前スポーツクラブと同じ感覚です。
トレーニングのメニューは考えてくれますが、トレーナーの数に比べて顧客の数が圧倒的に多いので、細かいサポートはあまり期待できません。
なにかモチベーションを上げられる方法を見つけて、楽しみながら努力出来るようになれば、効果は確実に出ます。

積極的に集客、本気で取り組みたいのは、パーソナルジム

パーソナルジム

お勧めできるビジネスのかたち

  1. 商圏が広く、インターネットでの集客に比重を置いているケース
  2. 商品・サービスの単価が比較的高額など、ブランディングやホームページのデザイン(見栄え)が重要な要素になるケース
  3. 個人経営者やご自身の裁量でWebサイト運営方針が決められる担当者の方と、直接お話できる環境があるケース
  4. Webサイト運営に年間数十万円~数百万円捻出できる事業規模をお持ちのケース
  5. 高いモチベーションを持ってWeb集客を行いたいと考えられているケース

インターネットからの集客に本気で取り組む場合、先の3つと比べると費用もやや高額です。
費用もケースバイケースではっきりと総額○○円、とは表示しずらい(オーダーメイドに近い印象)

これはOPENGATEの場合で集客用サイトを制作する場合の一例です。

まず、Web制作費が50万円以上かかります。
それにWebコンサルティングオプション(あとでご説明します)を1年間つけると、さらに50万円近くかかります。
合わせると最初の一年で100万円の投資です。

作りはじめは、デザインがどうなるか、という話はあえてしません。(お客様からこんな感じにしたい、というご要望があれば参考にさせて頂きます)
サービスや売りたい商品の話を根掘り葉掘り聞かれます。売り上げや仕入れ価格、いままでの顧客層やこれからの事業の方向性など。
あまりWeb制作と関係ない話も多いですが、自分のビジネスの話を詳しくお聞きする際には、どのお客様も真剣ですが楽しそうにも見えます。

今までのホームページ(5年ぐらい前に作って半ば放置してる、自前で更新しているが手間が掛かりすぎる等々)の問題点や商品名やサービス名での検索順位、問い合わせの数などは、重要な情報なのでしっかり伺います。

最近のご相談では、一度ホームページを作ってみたが、効果があまり出ないので作り直したい、デザインが古くなって見える、といったケースの比率が非常に高いです。

店内の写真やスタッフの写真、場合によっては商品の撮影も制作費の中でおこないます。(大がかりなものは別に費用が掛かります)

数日~数週間後に、最初のご提案を行います。Webサイトのデザインから入る場合と全体の構成をまず決める場合など、順序はコンセプトによって変化します。

このときは、直接来訪して細かい説明やボタン位置の意味など、なんでそうなっているのかをご説明し納得して頂いてから、次の方針を決めていきます。
商品のカタログやサービスに関する書籍、DVDなどをお借りする場合もありますし、経営者の方のお勧め映画を勉強のために見ることもあります。

  • 整骨院のサービスを知るために施術者向けの教育DVDをみる
  • ギターショップの顧客や周辺の空気感を知るために、ジミヘンドリックスの伝記映画をみる
  • 歯科医院のサービスを知るために歯の治療を受けてみる
  • お酒や食品の商材を撮影後に、おいしくいただいてみる

などは、実際にOPENGATEのディレクターが経験した内容です。(お客様の商品であるワインを5本飲んだ事もあります)

何度かお伺いする間に、経営者(ご担当者)以外の従業員の方とも顔見知りになり、お店や商品、顧客について、話を伺うことも積極的におこないます。

そうして何度かデザインの修正、内容の見直しをしながら完成に近づいていきます。
初めの打ち合わせから、数ヶ月後、ついに新しいホームページが完成し公開します。

できあがったWebサイトは、それで完結することはほとんどありません。
サービス内容、価格の変更はもちろん、初期の反応によるブラッシュアップの他に、新しい内容、最新情報の追加・更新などは必ずと言って良いほど発生してきます。
Webサイト以外の媒体との連携などをご提案する場合もあります。

さらに効果を上げるために必要な指標は、ターゲットとした検索順位、実際のアクセス数など様々です。
これらを参考にしながら、しっかり内容を充実させることが集客目的ホームページには重要になりますが、お客様にはビジネスの業務があり、専門家のアドバイスを必要とされる方が多いので、
Webコンサルティングのオプションをお勧めする様にしていますが、できれば最初の一年間は非常に重要で、これまでの経験実績からも効果が見込めます。

Webコンサルティングのオプションでは、毎月一度直接お打ち合わせを基本にしています。(お客様の都合で変わる場合もあります)
現在のアクセス数や反響をデータで見ながら、新しいページの内容を打ち合わせ、新しいコンテンツの提案、お客様からのフィードバックも伺います。
掲載する文章も、専門的な内容を伺いながら、資料などを参考に作成します。ベースとなる文章をを書いて頂く場合も趣旨をご説明します。

ホームページの内容以外でも、いま流行っているデザインやマーケティングの知識などをお話する場合も多く、新しいスタッフ募集のことや新商品の宣伝方法などをご相談頂くことも少なくありません。

結果にコミット系

ダイエットでいえば、結果にコミットする系のイメージです。

翼を授ける?トップを目指す完全指導付きトレーニング

お勧めできるビジネスのかたち

  1. その業界でのトップ、またはトップグループ入りを目指すケース
  2. 投資した分、リターンを計算できる戦略をお持ちのケース
  3. Webサイト以外の媒体と連携したプロモーションを必要とされるケース
  4. Web戦略によって大きく成長が見込める商品・サービスをお持ちのケース
  5. 新しさ、デザイン性、イメージ戦略などが必要な商品・サービスをお持ちのケース

かっこいいWebデザインを集めたサイト集などで紹介されているホームページ。
それらのWeb制作に定価は存在しません。(複数のWeb制作会社や広告代理店が関わる場合もあります)

最新のデザイントレンドを取り入れ、検索エンジンからの集客はあまり意識せず、おそらくリスティング広告やターゲティング広告で集客、または話題性を元にSNSなどで拡散を狙う方針です。
利益率の高いビジネスモデル、または、資本をある程度投下し急成長を目指すなどの戦略を持ったクライアントがメインになります。

このレベルだと、Web制作費用は数百万円~、フルオーダーメイド。プラスしてリスティング広告、ターゲティング広告費なども必要かもしれません。

ダイエットで言えば、モデルやアスリートや有名人、経営者向けの完全指導付きパーソナルトレーニングに例えられるでしょうか。
デザイン、ホームページ、ブランディングを投資と捉えることができ、リターンによって得るものがさらに大きいと判断できる場合の手段です。

まとめ

ビジネスのかたちによって、様々なケースがあり、それに合わせたWeb制作があります。
例に挙げた以外のサービスやビジネスのかたちも有るかとおもいますが、今回のエントリーの対象は中小企業やショップをメインとしています(OPENGATEの顧客層向けの内容です)

多くの経営者やWeb担当者の方が、想定した効果が出なかったり、無駄なコストを使ってしまったりしたお話をよく耳にします。
そういったお客様とWeb制作者とのミスマッチが少しでも減るための参考にして頂ければ幸いです。